年譜

 

  
1948年 昭和23年 0歳 9月 東京 世田谷に生まれる
1964年 8月 <青林堂「ガロ」創刊>
1966年 昭和41年 18歳 詩の同人会「しちにん」に参加
12月 <虫プロ商事「COM」創刊>
1967年 昭和42年 19歳

デザイン事務所に勤めながら

雑誌「COM」へ漫画作品の投稿を始める

1969年 昭和44年 21歳

5月

「COM」5月号『ひだり手の…』でデビュー

1971年 昭和46年 23歳

2月

「ガロ」2月号『ああせけんさま』入選
8月

大阪府教育会館で行われた

「まんがフェスティバル」に

手塚治虫・石原春彦氏らと座談会に出席

<結婚>

1972年 昭和47年 24歳

『風の吹く頃』

第9回「ビッグコミック賞」佳作入選

1973年 昭和48年 25歳 長女出産
1974年 昭和49年 26歳 次女出産
1978年 昭和53年 30歳

9月

「ギャルズライフ」9月号に

長月三津子名義で『わたしの青い星』発表

同年「ガロ」12月号に

『ときどき陽溜まりで』を発表

幼稚園の保護者の劇

「三匹の子ぶた」でイラストを担当

 

yamada1977.jpg

右下がやまだ紫

1979年 昭和54年 31歳 「ガロ」2・3合併号より『性悪猫』を連載開始
1980年 昭和55年 32歳

青林堂より処女単行本『性悪猫』上梓

(→90年筑摩文庫

   →92年筑摩書房『やまだ紫作品集』5巻)

COM時代の初期作品集『鳳仙花』

(ブロンズ社)上梓

初の個展を吉祥寺ライヴハウス

「ぐわらん堂」で開催

1981年 昭和56年 33歳

「ガロ」2・3合併号より

『しんきらり』連載開始

 

yamada1981.jpg

 

仕事場兼居間でのやまだ紫

『鈍たちとやま猫』(青林堂)上梓

(→92年・筑摩書房)

1982年 昭和57年 34歳

『しんきらり』(青林堂)上梓

(→92年筑摩書房 →09年小学館)

「新進マンガ家 やまだ紫の世界」特集

 

asahigraph.jpg

「アサヒグラフ」(1982年4月23日号)

983年 昭和58年 35歳

詩人・吉原幸子氏主宰『ラ・メール』にて

詩画『樹のうえで猫がみている』連載開始

 

yamada1983.jpg

その頃のやまだ紫

『はなびらながれ』(青林堂)上梓

(→92年・筑摩書房)

<離婚>
昭和59年 36歳 

『ゆらりうす色』講談社 上梓

(→92年・筑摩書房 →09年・小学館)

長井勝一(青林堂 社長・ガロ編集長)が

教える専門学校にゲストとして来校

 

sign1984.jpg

白取が受け取ったサインとイラスト

『続しんきらり』(青林堂)上梓

(→92年・筑摩書房)

1985年 昭和60年 37歳

『ゆらりうす色』にっかつ映画

『ベッド・イン』として映画化

現代詩手帖」10月号

詩人・井坂洋子氏との合作『共鳴』発表

 漫画+エッセイ集『空におちる』

(河出書房新社)上梓

 エッセイ集『満天星みた』

(大和書房)上梓

1986年 昭和61年 38歳 9月

『しあわせつぶて』(青林堂)上梓

(→92年・筑摩書房)

1988年 昭和63年 40歳 3月

『ねこになった少年』

(文・征矢清、岩波書房)の挿画を執筆

1990年 42歳

「ラ・メール」連載

『樹のうえで猫がみている』(筑摩書房)上梓

出版記念会館にて

 

yamada1990-1.jpg

中:永島慎二 右:林静一氏らと談笑

 

yamada1990-2.jpg

左から南伸坊・上野昂志・やまだ・水木しげる氏

1991年 43歳

エッセイ集『東京ノスタルジア』上梓

(フレーベル館)

1992年 44歳 筑摩書房より『やまだ紫作品集』全5巻 刊行

7月 個展『やま猫展3』を詩人・吉原幸子氏の

書肆水族館(東京・大久保)で開催

 

1992yamanekoten3.jpg

左端が吉原幸子氏

<板橋区の自宅近くに仕事場を開設>
1993年 45歳

青林堂 月刊「ガロ」

2/3合併号がやまだ紫特集号となる

『Blue sky』1巻 上梓

(中央公論社96年中公文庫)

1994年 46歳

毎日新聞・生活家庭欄にて

イラスト+コラム「お勝手に」を連載

1995年 47歳

井坂洋子氏との合作を収めた

『夢の迷子たち』(翔泳社)上梓

人生相談連載をまとめた

『やま猫人生放談』(同文書院)上梓

1996年 48歳 1月

「ガロ」編集長だった長井勝一氏が死去

毎日新聞連載中のイラストコラム

『お勝手に』上梓(毎日新聞社)

1997年 49歳

中央公論社より「マンガ日本の古典」

シリーズの21『お伽草子』(描き下ろし)上梓

読売新聞夕刊

三田誠広氏の小説

「恋する家族」の挿し絵を担当

12月

個人事務所DIGIPAD(デジパッド)設立

1998年 50歳

中央公論社「マンガ日本の古典」シリーズが

文化庁メディア芸術祭マンガ部門で大賞を受賞

3月 池袋PARCOにて個展『やま猫展Ⅳ』を開催
1999年 51歳 板橋区内2箇所にあった住居と仕事場を統合し転居

 毎日新聞社刊「お勝手に」が

中央公論新社より

文庫版『どうぞお勝手に』として刊行

2000年 52歳

青林堂より復刊した

月刊『ガロ』1月号から

「招く猫」毎月8ページ連載

やまだ紫オリジナル猫ラベルワイン発売

 

wine.jpg

 

 中央公論社より「マンガ日本の古典」

『お伽草子』文庫版上梓

2001年 53歳

筑摩書房版に描き下ろした 未収録作品を加えCD-ROM版

『樹のうえで猫がみている』としてデジパッドより刊行

4月

新宿ロフトプラスワンでトークライブ

 

  loftlive2001.jpg

ゲストは詩人・井坂洋子、

評論家・上野昂志、白取千夏雄

5月

神保町に友人の多田一久氏が

古書「虔十書林」オープン。

看板や袋に入れるロゴ、イラストを担当

 

 kenju.jpg

(※現在はこちらに移転しています。)

2002年 54歳 右腎臓に腫瘍(腎血管筋脂肪腫:良性)がみつかり手術
3月 白取千夏雄と正式に入籍
2003年 55歳

オブティン・フューチャー発行

隔月広報誌「Sara」

カラー2ページの漫画「まどろみの夢」を連載開始

2004年  56歳

コスモス短歌会の「コスモス」4月号より

毎月詩画集「 見上げれば虹」連載開始

 (思潮社版『樹のうえで猫がみている』に収録)

11月

コミック+エッセイの新刊『愛のかたち』

(PHPエディターズ・グループ発行/PHP研究所発売)上梓

2005年 57歳

体調すぐれず、たびたび入院

健康診断で夫・白取が白血病の診断と余命宣告

2006年 58歳 2月 吐血入院。原因不明のまま退院
4月

京都精華大学マンガ学部専任教授に就任。

京都へ隔週通勤

2007年 59歳 4月 新年度より大学への通勤が毎週となり白取と京都へ転居
11月

月刊誌「ダ・ヴィンチ」

一青窈さんとの対談連載(2号に渡る)

 

hitotoyo.jpg

2008年 60歳 還暦を迎える。  京都転居以降、体調は良好
2009年 2月

白取と南紀白浜~奈良旅行

 

futari.jpg

4月 自宅で脳内出血を起こし病院へ搬送・手術
5月 京都大学付属病院脳外科病棟にて、永眠。60歳